コーヒーの知識

coffee_heart

コーヒー豆の選び方

コーヒーとは、コーヒーノキから採取される種子を焙煎して、粉砕したものを水やお湯で抽出した飲み物になります。嗜好飲料として世界中で飲まれており、チョコレートなどでコーティングして焙煎した種子を食べることもあります。

種子は豆とも呼ばれており、生の状態の豆は生産地から消費国に輸出されて消費国で焙煎されることが一般的です。

飲用に栽培されているのは主に「アラビカ種」と「カネフォラ種ロブスタ」と言われる2種類です。同じ品種でも、生産地の自然環境や栽培方法、加工方法などによって味や香りに違いが生まれます。

それぞれに特徴があるため、選ぶ場合にはこの特徴を参考に選ぶことをおすすめします。

コーヒー豆の特長

具体的なそれぞれの特徴としては、ジャマイカで作られている「ブルーマウンテン」は気品のある香りで甘みがあり、酸味や苦味、コク、香りなどがバランスが取れています。世界最高級品で、ストレートで飲むのに適しています。

エチオピアで栽培される「モカ」は寒暖差が激しい気候で栽培されており、独特の酸味とコクがあり、世界最高のものとしています。

タンザニアでつくられる「キリマンジャロ」は、キリマンジャロの麓で作れており個性的な風味が出やすく、濃厚なコクと強い酸味、フルーティーな甘い香があるためストレートでも美味しく飲むことができます。

ハワイのコナで栽培されるアラビカ種の「ハワイコナ」は、火山灰の影響を受けて豊かな土壌と寒暖差などが揃っていることから上質なものができますが、生産量が少なく高価なものです。上品な香りと柔らかい酸味、豊かなコクが特徴となります。

「ガテマラ」はグァテマラで作られる品種です。豊かなコクを持っており、酸味や苦味が十分にあります。高級配合用つまりブレンドに向いています。

マイルドに飲むのにオススメなのが「コロンビア」は、甘い香と円熟した深みのある酸味があるのが特徴です。ストレートでもブレンドでもおいしく飲めます。

最高級の一つが「マンデリン」になります。豊かで濃い香りがあり、苦味があるしっかりとした味わいが特徴です。

手軽に飲みたい場合には、インスタントやドリップ式などのものも販売されています。

同じ品種でも、環境などによって味は味は異なってきます。

特徴を知って自分にあったものを選んでいくことが大切ですが、それぞれの特徴を知るためにはまずストレートで飲んでみることがオススメです。ブレンドはそれぞれの特徴を生かして、好みの味にしたり、味のバランスをとって楽しむもののためきちんと豆の味を知ることが必要となります。

自分好みのコーヒーの選び方

自分好みのコーヒーの選び方としては、まず専門店や挽き売り店に行ってみることがオススメです。

相手はプロですので、店員に酸味が弱いものや苦味が強いものなどのリクエストをしたり、合わせたい食べ物などを伝えることによって希望に沿った種類を選んでもらうことができます。また、その店オリジナルのブレンドを購入してみるものも良いとされています。いくつかのブレンドを少しだけ購入して、飲み比べてみるのも自分の好みを探すには有効です。

店選びも重要で、豆の保存状態に気を配っている店を探すことが大切となります。ポイントとしては、保存しているケースが綺麗に保たれているかどうかをチェックします。豆からにじみ出る油分やからでケースが汚れていないか見てみます。日光が当たる場所で保存されていないかを見ることも重要です。

また、よく売れている店の場合は回転が早いため常に新鮮なものが置かれています。店の中には焙煎をしてくれる店もありますが、できるのであれば豆のまま購入することをお勧めします。挽いてしまった後は劣化が進むため、鮮度の良いものを飲みたい場合には自分で挽くのも楽しみの一つといえます。

家で挽けないという場合には、なるべく少量を購入して1〜2週間程度で使いきれる量を購入することがオススメです。自分の好みの焙煎具合を知ることも重要となります。焙煎が深ければ深いほど苦味が出てきて、浅煎りであれば酸味が強く香りがあります。

焙煎には番号があるため、焙煎具合を試してから自分好みの味を探すのも良いとされています。ブレンドを試してみて自分の好みに合わなければ、好みの味に近いものに対して「もう少し苦味のあるものが良い」と伝えれば好みに近づくようにブレンドしてもらうことができます。

何度か繰り返していれば自分好みのコーヒーを見つけることができると考えられています。そんなお店が近くにないという場合でも、近年では通販で色々な種類のコーヒーを少量ずつ試してみることができるセットを購入することができるようになっています。

飲みやすさや香りなど、あまりコーヒーを飲み慣れない人でも飲みやすいものを試すことができるとされています。種類やブレンド、焙煎方法や挽き方、淹れ方など様々なこだわり方ができる飲み物です。

自分好みのものを選ぶためには、様々な種類や焙煎方法などを試していくことが重要となります。