タイガーのコーヒーメーカー ACK-A050-RUの特徴

ack-a050-ru

コーヒーメーカーを選ぶときには、機能性とともにデザイン性の高さも重視したいという人も多いものです。家電製品は自宅に置くことでどうしても生活感を出してしまうものです。おしゃれな生活にあこがれている人になれば、家電製品は普段は見えないように棚の中にその都度しまったり、布をかけるなどをして隠してしまうこともありますが、 タイガーのコーヒーメーカーACK-A050-RUなら置いたままにしておいてもスタイリッシュなのでお部屋のアクセントともなる家電になります。

ACK-A050-RUは、ポットとコーヒーフィルター設置部分、水受け部分がブラックカラーにまとめられているのですが、スイッチのあるボディ部分はレッドカラーが配色として入っています。赤であっても明るすぎないので子供っぽくなったり安っぽくもならず、ヨーロッパを思わせるようなおしゃれな赤の色味になっています。この型では、別色としてブラックカラーで構成されたアーバングレーも用意されているのですが、ファッショナブルなアーバンレッドの ACK-A050-RUは男性女性問わずに人気のカラーとなっています。

このコーヒーメーカーの特徴は、優れたデザイン性だけではありません。豊富な機能性があるというのも使ってみてよかったという人の口コミが殺到している理由です。デザイン性だけに重点を置いて作られたものは、おしゃれだけど使いにくいということもあるものです。毎朝のコーヒータイムを楽しむためには、気分を盛り上げてくれるおしゃれなアイテムであるとともに朝の忙しい時間でも便利に使えることことが求められます。一般的なコーヒーメーカーに多い仕様として、水を入れるタンクは側面にあるという点があります。飲みたい分だけ水を入れるために目盛りは見逃すことはできないのですが、少ない量になればマシンの下部にメモリがあることから体をかがめて覗きこまなければならないことになってしまいます。

しかし、 ACK-A050-RUであれば、タンクが上部にあるので人の目線から近い場所にあり、そのままの姿勢で水を入れることができます。上部にあるこのタンクは、取り外し可能という仕様も他にはあまり見られない特徴であり、浄水器や水道、ウォーターサーバーから水を入れたいという人にもおおいに役立ちます。浄水器やウォーターサーバー、水道の蛇口から水を入れるとなれば、マシンの本体をその場所まで運ぶことにもなります。コンセントを引っ張りながら持ち運ぶのは不便になり、別の容器に水を入れて運ぶという人もいるものです。そうなれば、容器を出して入れた後には水気を拭き、再び収納するという手間がかかってしまうことにもなります。水はペットボトルの水を使用するという人にはそのまま入れるだけなので問題がないのですが、浄水器や水道水、ウォーターサーバーなどの設置されているものから利用する場合には、タンクが取り外し可能であれば非常に役立ちます。

また、取り外しが可能ということは洗うこともできるということになります。飲むための水を入れるので、汚い水を入れるわけではないから洗う必要がないかもしれませんが、水にはミネラルや水道のカルキなどが含まれていて長期的に使用していれば水のタンクに白いものが付いてしまうことも多いものです。本体と一体型になったタンクであれば洗うにも家電製品になるので、電気が通っている部分に水をつけないようにタンクの中だけを洗うことは難しいものです。清潔な状態を維持したいという人には取り外し式タンクは選ばれており、さらに ACK-A050-RUであればフィルターやコーヒー豆を入れる部分も含めてまるごと取り外して洗うことができます。

ACK-A050-RUは、スタイリッシュなデザイン性と水洗いができて清潔という点の他にも、おいしいコーヒーを飲みたいという人にも多く選ばれています。コーヒーは、同じ水や豆を使用して入れるにしても入れ方によって美味しさが変わるものです。プロの人の手によって入れてもらったコーヒーは香りがあって美味しく感じるものですが、 ACK-A050-RUではプロが入れるような方法に近いシャワードリップ方式で入れることができます。お湯がシャワー状になってコーヒー豆に降り注ぐことになるので、左右に偏らずにまんべんなくコーヒー豆に湯に行き渡らせることになります。シャワーがかかることによってコーヒーの香りが一面に広がり、香り高いコーヒーを作ることができます。

今日ではたくさんのコーヒーメーカーが販売されていますが、高いマシンになればそれだけ豊富な機能性やデザイン性も兼ね備えているものです。しかし、一杯のコーヒーを飲むことばかりに高額な費用をかけるわけにもいきません。 ACK-A050-RUなら、リーズナブルな料金で価格以上の価値がある機能やデザイン性を持っているという手軽さも、多くの人に利用されている要因でもあります。

コメントを残す