NC-F33-Y

パナソニックの浄水コーヒーメーカー NC-F33-Yの特徴

パナソニックの浄水コーヒーメーカーの、NC-F33-Yは大容量の6カップの特徴の、おしゃれなデザインのコーヒーメーカーです。蒸らしてから一気にドリップすることができるので、コーヒーの深い味わいを引き出しますし、コーヒーの香ばしい香りも引き立てることになります。

活性炭フィルターがついているので、カルキをおよそ80%もカットをすることができます。

6カップ分を入れることができるので、一度に810mlも美味しいコーヒーを用紙ができます。ハーベストイエローのコーヒーメーカーは、どこか懐かしいレトロバフにきも醸し出していて、目にも素敵な印象です。 素敵なコーヒーメーカーですので、お手入れの方法もマスターしておきましょう。

お手入れをする時には、電源プラスを確実に抜いてから行います。まだ熱を持っているならば冷えつまで待って、全てのパーツの温度が完全に下がったら、お手入れを開始します。

清潔にするためにキッチン用の洗剤を使うときには、あらかじめ薄めてからの使用をします。キッチン洗剤を使用して生活にしたら、すすぎ洗いで洗剤を完全に落としましょう。残ることで変色だけではなく、ニオイが付いてしまう原因となるからです。

水容器のふたや水容器に関しては、ソフトなスポンジを利用して洗うことができます。色が気になっても漂白剤は使わないようにして、ブラシなども使用は控えたほうがいいです。漂白剤などの洗剤はニオイの原因となりますし、ブラシやたわしは傷をつけることになります。

ミル容器のふたやミル容器は、不足をしている専用にブラシを利用することができます。コーヒーの粉をブラシを使い、キレイに取り除きましょう。清潔な布巾を水で濡らしたらよく絞り、その布巾で拭き取りを行います。鋭い刃には注意をする必要があり、カッター部分に触れないように、手の皮膚に怪我をしないように気をつけることです。

ミル容器と軸に関しては、水道水をそのままかけて水で濡らしてはいけません。水道水を直接かけたりすると、その水が本体に入り込みます。すると本体に水分が侵入をしたために、マシンの故障になってしまいます。

ティーサーバーやアイス専用プレート、それからバスケットにバスケットふた、ほかにもガラス容器などは、優しい取り扱いをしましょう。洗う時には、ソフトなスポンジを利用して洗うようにして、スポンジでもたわし面のついたタイプは使いません。ナイロン性のスポンジや、たわしなどをガラスの容器を洗う時に使うと、ガラスには傷が付いてしまいます。それにナイロンやたわしは力も強いので、ガラスの容器が割れてしまう可能性もあって危険です。

活性炭フィルターのお手入れ方法ですが、こちらは本体から取り外して、水道水で洗い流します。この時に漂白剤や洗剤、それからブラシなどは利用はしないで洗います。誤って使うことで、浄水効果が無くなってしまうこともあるためです。それに活性炭フィルターに、ニオイが付くことがありますし、傷も付くかもしれないです。

ガラスの容器を本体から外した時に、まだ残っているコーヒー液が、バスケットより漏れてしまわないためにも、滴漏れ防止弁がついています。この弁は大切な役割をしているので、そこにコーヒーの粉が詰まってしまうと、そのまま弁が動かなくなります。するバスケットの部分から、コーヒー液がこぼれやすくなります。そうならないためにも、使ったあとはバスケットもお手入れを欠かさないことです。

水を入れてから、滴漏れ防止弁を押し上げて、3回くらい振るようにします。美味しくコーヒーを入れて、長く利用ができるように、細かいお手入れではありますが、やっておくと長持ちします。

この機種の特徴でもある活性炭フィルターですが、その役目と効果に関しても気になるでしょう。水道水にはカルキが含まれていますが、活性炭フィルターによってカルキを取り除くことができます。ついでに水道水には、カビ臭などを感じることもありますが、こちらも活性炭フィルターによって除去が可能となります。嫌な臭いやカルキも消えてしまうので、いれたコーヒーの味わいは、とてもまろやかになります。

ほかにも活性炭フィルターは、コーヒー豆にお湯を均等に散水させる仕事もしています。そのため毎回コーヒーメーカーに取り付けておかないと、しようをしている時にお湯が、いつの間にか飛び散ってしまうというハプニングにもなりかねません。こうした事態を避けるためにも、活性炭フィルターは毎回取り付けをします。

活性炭フィルターは交換の目安がありますので、コーヒーメーカー利用で、毎日1回使ったとしたら、およそ2年間で交換をすることになります。使い方や水質にもよりますが、目安を覚えておくと良いです。

活性炭フィルターのお手入れをする方法ですが、本体から取り外しをして、水道水で洗い流すことができます。しばらく使わない時には、活性炭フィルターは流し水で清潔に洗っておきましょう。