Kalita コーヒーメーカー ブラック ET-102

カリタのコーヒーメーカー AP-103の特徴

コーヒーは世界中のたくさんの人々に愛されています。以前は喫茶店などで飲むことが多かったのですが、インスタントコーヒーが販売されると家庭で手軽にコーヒーが飲めるようになり、最近はレギュラーコーヒーで誰でも本格的なコーヒーを簡単に淹れることができるマシンも登場したので、家庭や職場でもそのようなマシンを使って本格的なコーヒーを楽しんでいる人も多くなりました。

そのようなマシンが多く利用されるようになった中で、カリタは喫茶店のマスターやコーヒーのバリスタが淹れているように、マシンではなく自分の手で作れるコーヒーメーカーを販売しています。ハンドメイドのコーヒーはプロでないとうまく淹れられないと思われがちですが、カリタは誰もが上手においしいコーヒーを作ることができるように工夫されている製品を販売しています。

誰もが本格的なコーヒーをハンドドリップできるように工夫されている点はいくつかあります。フィルターに20個のウエーブを作り、ドリッパーとの接触面を少なくし、長時間フィルター内の一部分にお湯が溜まったりせず速やかにドリップできるように工夫されているところです。

偏ってお湯を注いでもそこは平らになっているので粉に均一になじみやすくなっています。ドリッパーの底には穴が3つ開いていてコーヒー液がとどまらないので雑味成分があまりでないためにおいしく仕上げることができます。

ドリッパーには熱伝導率が良く温まりやすくて何度も注げる銅製品のものやカップの上に直接おいて1杯分のコーヒーだけを作るためのドリッパーもあります。ハンドドリップの必需品でもあるポットはさびにくくて変形もしにくいステンレス製のポット、ノスタルジックな質感で一番良い温度をキープしてくれるホーロー製のポット、優れた熱伝導率と保温性が定評で使うほどに味わいが増してくる道政のポットなど色々な種類のドリッパーやポットも用意されています。また豆を自分で挽くことができるコーヒーミルも手動のものや伝道のマシンなどあります。

そのように初心者でもプロでも本格的なおいしいハンドメイドのコーヒーを淹れることができるコーヒーメーカーをを開発販売しているカリタですが、マシンのコーヒーメーカーもいくつか販売しています。おいしさ設計を装備しながら5400円と低価格でギフトにも最適なET-102、浄水機能がついていて蒸らしてからドリップをすることが特徴のEX-102N、同じく浄水機能がついていて、ミル付きなのでいつでも挽きたてのコーヒーを飲むことができるMD-102N、カリタのこだわりでもある三つ穴のドリッパーを採用し、カップに直接ドリップする1人分専用のTS-101、3つ穴のドリッパーを用いて水タンクが本体一体型でしずくだれ防止機能付きのEC-650、10カップ用でガラスサーバーを使っているEC-103 、2杯から4杯用で青や赤などカラフルな5色が取り揃えられているカフェコローレというマシンがあります。

そしてAP-103という製品がありました。丈夫で保温性が高い真空二重構造のステンレスポットを使用しているコーヒーメーカーでした。しずくだれ防止機能もついていたので周りを汚さないことも特徴です。重さは2.6kgほどで水タンクには1.2Lの水が入ります。約8杯分のコーヒーを作ることができるコーヒーメーカーでコードが本体の下部にしまえすっきりと収納できます。プッシュボタンを軽く押すだけで開くスイング式ドリッパーを採用していることも特徴です。かなり高温で抽出をしていて他の保温ポットよりもいつまでも温かい状態で飲めるで好評でしたが、コーヒー抽出時に、原因は不明ですが、一部の製造番号の商品で発炎や発火があったという報告があったため、その製品番号に該当するものは自主回収がされたという事例がありました。現在は廃盤となってしまったAP-103 ですが、通販などで今でも購入することができます。

カリタは手軽に誰でもハンドドリップでおいしく入れることができるドリッパーやフィルターを開発したり、マシンのコーヒーメーカーもいろいろなものを製造しています。業務用にもマシンや浄水器、カップウォーマー、ろ紙、コーヒーミル、リザーバ、コーヒー豆焙煎機などを製造販売しています。

カリタはメイドインジャパンであることにもこだわっています。卓越した品質、精度、機能性や造形美など日本人の持つ繊細さや芸術性などとコラボをして高品質なアイテムをたくさん作り続けている会社です。

初心者にもプロにも使ってもらえる、本格コーヒーを飲むための製品をわざとこだわりを持った職人たちが作りだしています。豆を用意しフィルターを選び、ドリッパーを用意してドリップをするだけで誰でも気軽においしいコーヒーが作れ、そのコーヒーとともに「ちょっといい時間、ちょうどいい時間」を楽しむことができるようにこだわっている会社です。