三洋電機のコーヒーメーカー SAC-SX60(R)の特徴

手頃な価格で美味しいコーヒーを楽しみたいという人に多く選ばれているのが、三洋電機のコーヒーメーカーでもあるSAC-SX60(R)です。

今日ではたくさんの種類のコーヒーメーカーが販売されていますが、どれも似たようなデザインで店頭に並んでいるものを見ても迷ってしまう人が多いのです。しかし、SAC-SX60(R)は見た目にもスタイリッシュなキューブデザインがとても印象的です。

カーブを描いたボディというのはありがちなのですが、そのカーブは自宅のキッチンに収納するにはしっくりとおさまりにくくなってしまいます。けれども、直線で構成されたキューブデザインは、隣り合った他の家電と並べるにもうまく収納することができます。

ボディ中心に縦方向に入っている赤のラインは落ち着きのあるマットなボルドーカラーなので、派手さや子供っぽい印象もなく、海外製の家電製品のようなおしゃれな雰囲気を持っています。この型では別色としてホワイトもあるのですが、コーヒーの汚れが付着したとしても目立ちにくくおしゃれな色味のSAC-SX60(R)は、男性女性問わずに多くの人に支持されているカラーでもあります。

キッチンが狭いというマンションやアパートなどの集合住宅にお住まいの人でも、一人暮らし用の簡易的なキッチンだという家であっても、SAC-SX60(R)なら場所を取らないというのも魅力です。巾が17.6㎝、奥行きが16.8㎝のコンパクトタイプでありながらも、一気に6人分のコーヒーまで作ることができます。

その理由としては、ポットの形状にもあります。縦型のポットは縦方向にたくさんのコーヒーを入れることができ、注ぐ時にも縦型であれば必要以上に横に傾けることなく便利に注ぐことができます。高さのあるポットは、別売りとしても用意されています。コーヒーメーカーとポットはセットになっており、違った型番の物になればマシンにはまらないということも多いものです。ガラス製品でもあるのでちょっとした不注意で割ってしまうこともあり、そんな時には本体ごと一式買い替えることにもなりがちなのですが、SAC-SX60(R)であればポットだけでも購入できるので無駄になることがありません。

他にも、SAC-SX60(R)の特徴としては、優れた機能性もたくさんあります。コーヒーメーカーは家電製品でもあるので、ボディを水につけるようなことは避けなければなりません。清潔に使用したくても、取り外しができない部分があるというマシンも多いものです。コーヒーに湯が落ちた時には跳ねてしまったりとボディを汚してしまうこともあり、洗い流したくても拭き取りしか出来ないということもあります。SAC-SX60(R)では、フィルター部分が完全に別になっており、ポットに乗せる形になっているので清潔に長く使用することができます。

このコーヒーメーカーでは最大で6杯まで一気に作ることができますが、1杯だけ飲みたい時と6杯飲む場合とでは入れるコーヒー豆の量に違いがあり、お湯をかける部分も違いが出てきます。中心にばかり湯がかかってしまえば周りのコーヒー豆に全く湯が行き渡らないことにもなってしまいますが、SAC-SX60(R)の豆を入れる量に合わせてシャワー幅が変更できるというセレクトソフトシャワードリップ機能は、他にはあまり見られない特徴です。おいしいコーヒーを飲むための工夫でもあり、マシンで入れたとしてもコーヒーショップのプロの手によって入れたかのような香り高いコーヒーを手軽に楽しむことができるマシンです。コーヒーは、一気に湯を注がずにゆっくりと注ぐことによって豆を膨らませておいしく抽出することができるのですが、逆に遅くなれば豆の苦みや嫌な酸味が出てしまうことになります。それを防ぐために850wのスピードドリップも可能なので、豆のおいしさを損ねることがありません。

これ以外にも、SAC-SX60(R)ではコーヒーメーカーでありながらも紅茶も美味しく飲むことができるティーメーカーにも利用することができます。家族の中にはコーヒーよりも紅茶派の人がいれば、コーヒーのためのマシンを購入するのなら紅茶のためのマシンも欲しいということにもなってしまいます。しかし、SAC-SX60(R)があれば、その人に合わせてコーヒーも紅茶も美味しく飲むことができます。マシンの上部にはティーバスケットがついているので、紅茶の葉を十分に開かせて蒸らし、香りや味が出てから注ぐことができます。

SAC-SX60(R)は、リーズナブルな料金でありながらも定価以上の価値を持っているマシンです。コーヒー好きの人にも紅茶派という人にもおいしくリラックスの時間を過ごすことができ、お手入れも簡単で清潔な状態で使うことができます。一人での休憩時間にもみんなで過ごす休憩時間にも役立つので、家庭でも職場でも活躍するアイテムになります。

YAMAZENのコーヒーメーカー CM-7508-Bの特徴

cm-7508-b
コーヒーを作る方法はいくつかありますが、レトルトタイプのコーヒーだとどうしても作り立ての物と比べて味に差が出てしまうので、手間をかけてでも美味しいコーヒーを一から作るという方は多いです。しかし一から作るとなると手間がかかるだけでなく、材料費や時間がかかってしまうので大変です。

一度に大量に作って保管しておいても作り立ての時と比べると味が悪くなるだけでなく、作れる量にも限りがあるので結局飲む度に作り直さなければなりません。美味しいコーヒーを飲むのならコーヒーメーカーを用意しましょう。コーヒーメーカーはコーヒーを作る為に制作された商品です。

コーヒーを作る為に必要な材料さえあれば簡単にコーヒーを作れるようになります。コーヒーの素材をコーヒーメーカーに入れて、それぞれの商品に付いているスイッチを押せば後は勝手に作り出してくれます。自分でコーヒーを作る手間がかからなくなるだけでなく、ちゃんと美味しいコーヒーが出来上がるのでコーヒーを作っている間に他の事が出来るようになります。

コーヒーメーカーはコーヒーを作りたい時にはとても便利な商品です。しかしあちこちのメーカーが開発した物があるのでそれぞれ性能も異なります。初心者の方は選ぶ際に悩む方が多いですが、適当に選ぶよりも慎重に悩んで決めた方が良い物を選びやすくなります。

長期間愛用する事になるなら美味しいコーヒーを短い時間で確実に作ってくれるような、頑丈で高性能な物を選んだ方が得をします。

選ぶのに悩んだらYAMAZENというメーカーが開発したCM-7508-Bを購入しましょう。

初心者の方でも使いやすくなるような便利な特徴があるコーヒーメーカーです。CM-7508-Bの特徴は何と言っても使いやすいという点です。コーヒーメーカーは便利な反面、ボタンがいくつか付いているような初心者の方が使い辛い製品も増え始めています。

機能が増えるのはお得ですが、そのせいで使い辛くなってコーヒーを簡単に作れなくなると大変です。その点CM-7508-Bはとても使いやすく、タンクの中にコーヒーを作る為に必要なコーヒー粉と水を入れて設置した後、電源プラグをコンセントに差し込んでからスイッチを押すだけです。

スイッチをオンにすると自動的に美味しいコーヒーを作り出してくれるので手間がかかりません。コーヒーが完成したらまたスイッチを押してオフにしてからコップに入れるだけで美味しくコーヒーを飲めます。製品自体のサイズもそこまで大きくないのでキッチンの様々な場所に設置する事が出来ます。製品のサイズが小さいと一度に作れる量も減ってしまいますが、YAMAZENのCM-7508-Bはサイズが小さいだけでなく、一度にカップ8杯分のコーヒーを作る事が可能です。

コーヒーを好んで飲む方は一日の内に何回も飲む場合が多いので、一度に8杯作れればとても便利です。勿論仕事をする時にも一つこれを置いておくだけで簡単にコーヒーを数人分用意する事が出来ます。それ以外に特別な機能も付いていないので操作を間違えたりする事もありません。

購入してから一年間は故障してしまってもアフターサービスで対応して貰えるので安心して使用出来ます。便利な点が多い製品ですが、価格が他の製品と比べても低めに設定されているのもCM-75088-Bの特徴と言えます。必要最低限の機能と素材を使用して作られているのでコスト面で見てもお得な商品です。

しかしそのせいで耐久性が低めな部分があるので乱暴に扱わないように注意しましょう。高性能な商品ではありますが、扱い方を間違えると壊れてしまう以外にもコーヒーの味が損なわれてしまう等のトラブルが発生します。特に多いのが長時間保温したままで放置してしまうケースです。

温かい状態ではありますが、コーヒーは作り立ての時が最も美味しいので時間経過と共に段々と味が変わって行ってしまいます。扱い方には気をつけるようにしましょう。コーヒーを作る為の商品なので使用していると汚れが付いてしまいます。温める時に水蒸気が出るのでこぼさないように普段から気をつけていても必ず汚れてしまいます。

そのせいで定期的に掃除をする等のお手入れをしないと故障してしまいますが、CM-7508-Bは必要最低限の機能しか備わっていないおかげでお手入れも簡単に出来ます。機械が苦手な方はメンテナンスをするのを嫌がる場合が多いですが、バスケットや全体の汚れを優しく拭いて落とすだけなので手間があまりかかりません。

汚れを落としたらいままでと同じように問題無く使用出来るので安心です。YAMAZENのCM-7508-Bは便利ですが、売り切れている場合が多く、購入する事が出来ない可能性もあります。確実に購入するなら通信販売サービスを利用するとお得です。販売しているサイトが沢山見つかるのでCM-7508-Bも問題無く注文出来ます。

タイガーのコーヒーメーカー ACK-A050-RUの特徴

ack-a050-ru

コーヒーメーカーを選ぶときには、機能性とともにデザイン性の高さも重視したいという人も多いものです。家電製品は自宅に置くことでどうしても生活感を出してしまうものです。おしゃれな生活にあこがれている人になれば、家電製品は普段は見えないように棚の中にその都度しまったり、布をかけるなどをして隠してしまうこともありますが、 タイガーのコーヒーメーカーACK-A050-RUなら置いたままにしておいてもスタイリッシュなのでお部屋のアクセントともなる家電になります。

ACK-A050-RUは、ポットとコーヒーフィルター設置部分、水受け部分がブラックカラーにまとめられているのですが、スイッチのあるボディ部分はレッドカラーが配色として入っています。赤であっても明るすぎないので子供っぽくなったり安っぽくもならず、ヨーロッパを思わせるようなおしゃれな赤の色味になっています。この型では、別色としてブラックカラーで構成されたアーバングレーも用意されているのですが、ファッショナブルなアーバンレッドの ACK-A050-RUは男性女性問わずに人気のカラーとなっています。

このコーヒーメーカーの特徴は、優れたデザイン性だけではありません。豊富な機能性があるというのも使ってみてよかったという人の口コミが殺到している理由です。デザイン性だけに重点を置いて作られたものは、おしゃれだけど使いにくいということもあるものです。毎朝のコーヒータイムを楽しむためには、気分を盛り上げてくれるおしゃれなアイテムであるとともに朝の忙しい時間でも便利に使えることことが求められます。一般的なコーヒーメーカーに多い仕様として、水を入れるタンクは側面にあるという点があります。飲みたい分だけ水を入れるために目盛りは見逃すことはできないのですが、少ない量になればマシンの下部にメモリがあることから体をかがめて覗きこまなければならないことになってしまいます。

しかし、 ACK-A050-RUであれば、タンクが上部にあるので人の目線から近い場所にあり、そのままの姿勢で水を入れることができます。上部にあるこのタンクは、取り外し可能という仕様も他にはあまり見られない特徴であり、浄水器や水道、ウォーターサーバーから水を入れたいという人にもおおいに役立ちます。浄水器やウォーターサーバー、水道の蛇口から水を入れるとなれば、マシンの本体をその場所まで運ぶことにもなります。コンセントを引っ張りながら持ち運ぶのは不便になり、別の容器に水を入れて運ぶという人もいるものです。そうなれば、容器を出して入れた後には水気を拭き、再び収納するという手間がかかってしまうことにもなります。水はペットボトルの水を使用するという人にはそのまま入れるだけなので問題がないのですが、浄水器や水道水、ウォーターサーバーなどの設置されているものから利用する場合には、タンクが取り外し可能であれば非常に役立ちます。

また、取り外しが可能ということは洗うこともできるということになります。飲むための水を入れるので、汚い水を入れるわけではないから洗う必要がないかもしれませんが、水にはミネラルや水道のカルキなどが含まれていて長期的に使用していれば水のタンクに白いものが付いてしまうことも多いものです。本体と一体型になったタンクであれば洗うにも家電製品になるので、電気が通っている部分に水をつけないようにタンクの中だけを洗うことは難しいものです。清潔な状態を維持したいという人には取り外し式タンクは選ばれており、さらに ACK-A050-RUであればフィルターやコーヒー豆を入れる部分も含めてまるごと取り外して洗うことができます。

ACK-A050-RUは、スタイリッシュなデザイン性と水洗いができて清潔という点の他にも、おいしいコーヒーを飲みたいという人にも多く選ばれています。コーヒーは、同じ水や豆を使用して入れるにしても入れ方によって美味しさが変わるものです。プロの人の手によって入れてもらったコーヒーは香りがあって美味しく感じるものですが、 ACK-A050-RUではプロが入れるような方法に近いシャワードリップ方式で入れることができます。お湯がシャワー状になってコーヒー豆に降り注ぐことになるので、左右に偏らずにまんべんなくコーヒー豆に湯に行き渡らせることになります。シャワーがかかることによってコーヒーの香りが一面に広がり、香り高いコーヒーを作ることができます。

今日ではたくさんのコーヒーメーカーが販売されていますが、高いマシンになればそれだけ豊富な機能性やデザイン性も兼ね備えているものです。しかし、一杯のコーヒーを飲むことばかりに高額な費用をかけるわけにもいきません。 ACK-A050-RUなら、リーズナブルな料金で価格以上の価値がある機能やデザイン性を持っているという手軽さも、多くの人に利用されている要因でもあります。

コーヒーメーカーのおすすめと選び方

コーヒーメーカーのおすすめと選び方
コーヒーメーカーのおすすめとして、一般的なドリップコーヒーを倒しみたいならば、やはりドリップする対応を選び頃です。ゆっくりと落ちてくるコーヒー液をじっくりと濾す、ドリップ方式は定番ですし使いやすいです。コーヒーの美味しい喫茶店などでも、定番のコーヒーメニューであり、ブレンドコーヒーやレギュラーコーヒーと呼ばれているものです。

選び方としては本人の好みによるものが大きいので、どういったコーヒーの楽しみ方を求めるにかが、すごく重要な選択ポイントにはなります。だからドリップタイプで気軽にコーヒーを楽しむことができれば、それで大満足であるならば、ドリップ式コーヒーメーカーをチョイスするのがいいでしょう。パーパーフィルターをドリッパーに敷いて挽いたコーヒー豆でコーヒーを淹れるタイプは、給水タンクへ水を入れて、ゆっくりとサーバーへと抽出しますので、良い香りがゆっくりと室内に漂います。

ドリッパーは本体一体型のタイプもありますし、サーバーに載せる対応もあります。一体型で給水タンクがついている対応が多いですが、中にはセットをして利用する製品も販売があります。ペーパードリップ式コーヒーメーカーを、家庭で使うメリットとは何でしょう。

昔ながらの方法であるペーパードリップ式のスタイルは、費用が安いために5,000円前後のかなり安いプライスの商品を見つけることができます。もっと安価で購入することができるのは、コーヒーミルもついてないとか、保温機能もついていないタイプだと、もっと安く購入ができます。とにかくすぐに飲むことができて、予算もできるだけかけたくない人には、おすすめだといえます。

コーヒーを淹れる方法としてペーパードリップは、最もポピュラーなコーヒーを淹れる方法です。日本人だけではなく世界中で最も利用をされている、美味しいコーヒーの入れ方になります。少しずつお湯を注ぎ入れるのは大変であり、抽出にも時間はかかります。

でも自動で勝手にお湯を沸かして、さらに抽出をしてくれるマシンだったら、パーパードリップでもあっと間においしいコーヒーが出来上がりです。マシンを使用することで、いつも味が安定をしている為、そういうところもハンドドリップにはない利点です。

朝は美味しい入れたてのコーヒーが飲みたいという過程には、もはやキッチンには欠かせないマシンのひとつでもあります。それに美味しいコーヒーを飲むことができる上に、お手入れが簡単というのも良いことです。

シンプルな構造であるのが、ペーパードリップ式の特徴でもありますので、毎回の掃除は簡単です。操作ボタンも少ないですから、操作も説明書なしでもできるくらい簡単です。その上本体器具の取り扱いも、同じくらい簡単で楽になります。本体を掃除するにも、難しい構造ではないので、掃除はとても簡単なものですし、それゆえに常に清潔を維持することができます。

手動で豆を挽くのは大変ですが、ミル付きだと楽に手軽な珈琲を味わうことができます。ミル付きのタイプは、電動ミルが組み込まれたマシンですので、手軽に挽きたてコーヒーを楽しむことができます。やはりコーヒー豆は、挽いたばかりの香りが最高に良いものです。手間などはかけなくても電動でコーヒーを作れるので、自宅で美味しいコクの深いコーヒーを飲みたいのでしたら、キッチンに1台あると重宝をします。

自分でコーヒー豆を手動で挽いて、しれからフィルターでドリップをするという手間暇をかける必要はありません。面倒な時間も手間もかからないので、その分時間も有効に利用をできます。ミル付きを選択するときには、手動のタイプもありありすので、全自動のタイプを選ぶことです。

カフェポッド対応のタイプも人気は高いものであり、コーヒー豆をフィルターペーパー煮詰めていて、それはすでに1杯分が用意されています。エスプレッソ用だと直径は44mmのタイプであり、レギュラーコーヒー用ですと直径60mmタイプがあります。

同じように近年人気が高くなっているのは、カプセル対応のタイプでしょう。すでにカップ1杯分の挽いたコーヒー豆が、真空の状態で密封がされています。こうした真空状態であるために、豆が酸化されないような工夫になっています。その為、いつでも新鮮なコーヒーの香りを楽しめるタイプですし、1杯分を味わいたい人が多い世の中でもありますので、気軽なコーヒーブレイクをたのしみやすいです。

カプセル対応の対応であれば、既に用意されているカプセルを、専用マシンにセットをすることで、簡単に本格的な美味しいコーヒーを自宅で飲むことが出来るので人気が高いです。

ドリップストッパーのタイプですと、しずくがフィルターから漏れるのを防止できます。コーヒーサーバーを、コーヒーの抽出中に外してしまっても、そのしずくがプレートにはこぼれないので、汚れてしまう心配がないのが良いポイントです。

こだわりのコーヒーを自分で焙煎する方法

こだわりのコーヒーを自分で焙煎する方法
コーヒーとは、コーヒーノキの種子を焙煎して粉砕し、粉状にした後水やお湯などで成分を抽出した飲み物になります。煎った豆をチョコレートなどにコーティングしてお菓子として食べることもあります。

世界中で飲用されており、家庭や飲食店、職場などで飲むことができるほか、専門ショップなども多く存在しています。

生の豆の状態で生産国から輸出されて、輸入先の消費国で加熱加工されることが一般的になります。販売業者や焙煎業者、喫茶店主などの手で加熱加工されることが多く、中には生豆の状態で購入して消費者自身が加熱加工することもあります。

焙煎について

焙煎は生豆を炒る加熱作業のことをいいます。
収穫し、生成された生豆は淡い緑色をしていて、味や風味などはほとんどなくこの状態では飲むことはできないのです。

加熱作業を行うことでコーヒー独特の香りや風味、コク、酸味などが熱によって化学変化が起こることで生まれます。
加熱する時間や熱のかけ方によって浅煎り、中煎り、深煎りと度合いが異なってきて、風味などが大きく変化します。

度合いは全部で8段階に分かれており、浅煎りほど酸味が強く、深煎りになるほど苦味が強くなります。この変化は、味や香りだけではなく、色にも大きく影響していきます。

ライトローストは最も浅い煎り方で、酸味が強く感じられます。うっすら焦げ目が付いているような状態で、黄色味がかった小麦色をしており香りやコクは不十分です。

シナモンローストはシナモン色になり、ごく浅い煎り方で青臭いため飲むのには適さないとされています。

ミディアムローストと呼ばれる中煎りは、茶褐色しておりアメリカンタイプの軽い味わいになります。

ハイローストはミディアムローストよりも少し深い煎り方です。喫茶店や家庭で飲まれるレギュラータイプはこの段階のものが多く、飲みやすいのが特徴です。

シティローストも家庭や喫茶店で飲まれることの多い度合いです。最も標準的な煎り方で、鮮やかなコーヒーブラウンをしており、最近ではエスプレッソとしても人気になっています。

フルシティローストは、深煎りされた豆で色はダークブラウンになります。アイスコーヒーに向いており、炭焼珈琲と呼ばれる熱源を炭で加熱加工したものもこのタイプが多いとされています。シティロースト同様エスプレッソとしても使われます。

フレンチローストは、強い苦味と独特な香りが出てくる深煎りです。苦味が強いため牛乳と混ぜるカフェオレや生クリームを加えたウィンナーコーヒーなどのヨーロッパで飲まれるようなアレンジがオススメです。

最も深く煎ったのがイタリアンローストです。黒に近い状態にまで煎られており、強い苦味と濃厚な味わいが特徴です。かつてはエスプレッソやカプチーノなどに使用されることが多かった煎り方になります。
豆の種類にもよりますが、甘みあるものを深煎りにすると風味を弱めてしまいます。また、浅煎りの方がカフェインが多く含まれています。

自宅でコーヒー豆を焙煎する方法

専門店などで、煎った豆を購入することもできますが、生豆から自分で煎って自分好みの煎り方をすることも可能です。

用意するものとしては、100〜150グラム程度の小粒で揃っているものや肉薄な種類の生豆、焙煎用の手網、豆を冷ますためのドライヤーかうちわ、熱くなるため火傷しないように軍手、煎るためのガスコンロとざるを用意します。

まず、生豆を手網に入れ、手網から豆が出てこないように蓋の左右をクリップなどを止めてしっかりと蓋をしたら、ガスコンロを中火にして、高さ10〜15センチ程度のところで水平を保ちながら手網を振っていきます。

焼きムラができないようにリズミカルにゆすり続けていると、3分程度で生豆から水分が抜けて少しずつ色が付いてきます。そのまま煎っていくことで薄皮が取れて豆が変色していきます。

それから10分程度煎り続けるとパチパチと豆が爆ぜてきます。1爆ぜが終わった程度が中煎り程度です。

熱をかけ始めてから15分程度たつと今度はチリチリという音がします。これが2爆ぜで、豆が十分に膨らんできます。ここまで煎ると独特な香ばしい香りが出てきます。豆は中深煎り程度です。進行度合いが早くなるため、好みの度合いを見極めて火から下ろします。

火から下ろしたらすぐに網にあげます。熱が残っていると度合いが進んでしまうため、ドライヤーやうちわなどで冷風を当てて冷まします。粗熱が取れたらそのまま完全に冷やして完成です。

家庭にあるものでも煎ることはできますが、家庭用の焙煎用具というものも販売されています。
筒状の部分に生豆を入れてアルコールランプの火を当てながら手回ししていくタイプのものや、熱風を利用して行う電動式のものが販売されています。

焙煎後の豆はガスを含んでいるため、出来てすぐに淹れてもお湯とのなじみが悪く、あっさりした味わいで抽出されます。

好みにもよりますが、2日間程度置いてガスを出してから淹れることで美味しく飲むことができます。

コーヒー焙煎の種類と味

coffee

コーヒーに興味を持ってくると、最初は豆の種類や淹れ方にこだわりを持つようになります。

世界中のいろいろな豆について味や香りの好みを語りだすようになりますし、淹れ方一つにも自分なりの流儀を持つようにもなってきます。しかし、それだけでは飽き足りなくなり、最後にたどり着くのが焙煎であると言われています。

焙煎とは

焙煎とは、生豆を加熱して炒ることを指します。ちなみに、コーヒー豆、生豆という言い方をしますが、実際にはマメ科の植物ではなく、アカネ科の植物です。

生豆は淡い緑色をしており、普通我々が見る茶褐色や黒褐色とは全く異なる色ですが、これを炒ることで独特の香り、酸味、苦味、甘味が生まれるのです。生豆そのままではほとんど何の味も香りもせず、そのまま飲用することはできません。

焙煎には、単純明快にいうと炒り方によって浅炒り、中炒り、深炒りがあります。もちろん、もともとも生豆の種類にもよるわけですが、一般論でいうと浅炒りであるほど色は薄い茶褐色で、酸味が強くなると言われています。

一方で深炒りであるほど色は濃い茶褐色さらには黒褐色となり、苦みが強くなると言われます。端的にいえば、炒る時間が短いほど豆の色は薄い茶色で酸味が強い、炒る時間を長くすればするほど色は濃い茶色になって酸味よりは苦みが強くなるというのをまず基本的な知識として覚えておけばよいでしょう。

より詳しい知識として述べますと、焙煎とは単に浅炒り、中炒り、深炒りの3段階だけではなく、より細かく8段階に分けることになります。

順に、ライトロースト、シナモンロースト、ミディアムロースト、ハイロースト、シティロースト、フルシティロースト、フレンチロースト、イタリアントーストの8段階です。

一応、ライトローストとシナモンローストが浅炒り、ミディアムローストとハイローストが中炒り、シティローストから先が深炒りとされることが多いですが、この区分は絶対的なものではありません。それぞれの特徴を紹介しましょう。

ライトローストは最も浅い炒り方ですが、実際にこの段階で飲まれることはまずありません。味も香りもまだまだ不十分です。豆の色は小麦色といった感じです。シナモンローストはその名前のとおりシナモン色ですが、これでもまだ味も香りも不十分で、ほぼ飲用されることはありません。ということは、浅炒りで飲用されることはほぼ無いということになります。

ミディアムローストからが中炒りで、実際に飲用されます。酸味が強く苦みの少ない、軽い味わいになります。アメリカンタイプに近いことから、アメリカンローストとも呼ばれています。ハイローストでは酸味に加えて苦みが出てきます。色は茶色になります。

シティローストでは豆の色は茶褐色になってきます。酸味と苦みのバランスがよくなり、現在、世界的にみて最もよく飲まれているのはハイローストとこのシティローストになっています。

フルシティローストからは酸味よりも苦みが強くなり、アイスコーヒーには向いていると言われます。フレンチローストやイタリアンローストはその名前のとおりヨーロッパで、エスプレッソとして飲まれることが多い炒り方です。

焙煎のための機械

ところで、焙煎といえば専用の機械が必要だとよく言われます。とくに、もし本気でコーヒーのことを勉強したい、本気で取り組みたいと思うのなら、専用の機械を買いなさいというアドバイスをされることが多いようです。

これはあながち間違ってはいません。それくらい炒り方というのは味や香りを決定づける重要な要素であることは間違いありませんから、本気で取り組むならば無くてはならないものですし、また高価な機械を揃えることで逆に本気にならざるを得ないという側面もあるでしょう。

しかし、この話を、専用の機械がない限り豆を炒ることは全くできないと捉えるのなら、それは間違っています。別に何十万円、場合によっては100万円以上もするような機械がない限り、豆を炒ることができないわけではありません。

その気になりさえすれば、どこの家庭にでもあるようなごく一般的な器具を使って豆を炒ることも十分に可能なのです。こう書くと、一度試してみたいと思われる人も多いのではないでしょうか。

必要な器具としては、何ということはない、ただのフライパンです。端的に書けば、フライパンに生豆を入れ、かき混ぜながら弱火ないしは中火で加熱するだけです。

最初はまず生豆から薄皮がはがれます。その後も加熱を続けていくと豆の色が次第に濃くなっていくとともにパチパチと音がし始めるはずで、だいたいこのあたりが中炒り、ミディアムローストからハイローストの段階に当たります。

好みの炒り具合になったら火から下し、ザルなどに開けてうちわなどで扇いで冷まします。火から下してもそのまま放置していると余熱でローストが進行してしまいますから、うちわなどで扇いで冷ますのです。

その意味では、自分好みのロースト具合になるよりも心持ち早めに火から下すようにするとよいでしょう。

コーヒー豆 世界の産地

coffee_heart
コーヒー豆には産地や種類により、様々な特徴があることをご存知でしょうか。種類についてはよくわからないという人でも、コロンビアなどは、名前くらいは知っている人も多いのでしょう。生産されている場所は、主に赤道付近の国で盛んに栽培され、それぞれの産地によって香りや味わいなどが大きく異なります。

ブラジル

まずはコーヒーの生産世界一を誇っているブラジルです。ブラジルは南アメリカに位置し、南米大陸では最大の面積を誇る国です。ブラジルは全体的に低緯度であり、海流などの影響もあり、比較的温暖な気候であるといえます。ブラジルでの栽培は、主に南の方の地域で行われています。ブラジルにはその栽培のために、約200万ヘクタールの栽培面積があります。現在は栽培面積は縮小傾向にあるものの、1ヘクタールあたりの収穫量は上がっていて、品種改良や農業技術の向上がうかがえます。大規模な農園では収穫や精選に機械が利用されています。ブラジルでの開花時期は10月から12月で、収穫は5月から8月となっています。輸出する際には、生豆の大きさや欠点のある豆の多さなどによって9段階に分けられて輸出されます。ブラジルの南米系のものは、甘みを伴った柔らかな苦みがあり、また適度な酸味があることが特徴としてあげられています。

コロンビア

次にコロンビアです。コロンビアは南アメリカの北西部に位置しています。ブラジルやペルー、ベネズエラ、エクアドルなどの国と隣接し、カリブ海や太平洋に面している国です。コーヒーはもちろんのこと、バラやエメラルドの産地としてもよく知られています。コロンビアは国土のほとんどが山岳地帯や高地であり、アンデス山脈の斜面を利用して栽培が行われています。この斜面の地形は、栽培するにあたり理想的な環境です、さらに1年に2度、乾季と雨季があり、水はけのよい弱酸性の土や、年間2000ミリを超える降水量は、栽培するにあたり、絶好の環境なのです。コロンビアでは30万人以上の農民が、この栽培に携わっています。コロンビアのものは、しっかりとした酸味に加え、甘い香りや重厚な風味が特徴としてあげられます。

インドネシア

次にインドネシアです。インドネシアは東南アジア南部に位置し、世界では最も多くの島を有する国です。インドネシアといえば首都のジャカルタやリゾート地としても知られるバリ島が有名ですが、コーヒーの栽培が盛んな地域はインドネシアの西側に位置する場所です。緑豊かな自然が豊富で、標高が2000メートル近くになる場所もあり、栽培に適しています。インドネシアでは、この栽培に携わる人は非常に少なく、品種に関する情報もあいまいなことがほとんどです。そのため流通の際に、様々な豆が混在していることも多々あり、決められた品質の物を手に入れることは、非常に難しくなっています。そしてインドネシアには、独自の精選方法があります。インドネシアでの収穫時期は、ちょうど、この国の雨季にあたってしまうため、湿気を嫌う豆がダメージを受けてしまうことを防ぐために、生豆を乾燥させる精選処理方法を行っています。この方法により、豆は緑色に仕上がり、これが付加価値を生んでいるのです。インドネシアのものは、なめらかな苦みと深い味わい、そして独特の風味が特徴となっています。

エチオピア

次にエチオピアです。エチオピアは東アフリカに位置しています。国土のほとんどが山岳地帯で、赤道に近い国ということから、平地では平均気温は25度以上となっています。しかし標高2000メートルを超える地域では平均気温は20度に届かない場所も存在します。全体に雨が多い国でもあり、このような気候が栽培には適しているといえます。各地で栽培が盛んに行われ、年間の生産量は世界的にも多いのですが、そのうちの半分は自国で消費してしまうため、輸出量はそれほど多くはありません。エチオピアはコーヒー原産の地であるといわれています。コーヒーを発見した伝説のひとつも、エチオピアが舞台となっているのです。エチオピアを含むアフリカ系のものは、酸味がしっかりとしていて、芳醇な風味が特徴とされています。エチオピアで有名な豆がモカです。モカは日本でも人気のある品種の一つとなっています。苦味が少なくフルーティーな味わいであるため、女性や少し苦手だと感じている人にも、楽しみやすいものといえます。

グァテマラ

最後にグァテマラです。グァテマラは中央アメリカの北部に位置しています。南側にはコロンビアやブラジルがあり、場所的にも栽培に適した環境であるといえます。国のほとんどが産地であり、水はけのよい土壌や、雨が比較的多い気候なので、古くから栽培に利用されてきました。年間の生産量はそれほど多くはありませんが、自国ではほとんど消費されないので、そのほとんどが海外に輸出されています。グァテマラのものは、モカと同じようなフルーティーな香りと、柔らかい酸味が特徴としてあげられます。